テーマ:ライトノベル

『学園キノ 3』感想

時雨沢恵一:作   黒星紅白:絵 随分昔に立読みしたような(待) プロローグ、あれでOK出たのが信じられない(笑) 間に合ってよかったなー時雨沢。 まさか現実の○○が出るなんて誰が予想できただろうか(反語) 一応のあれはしてるけでどう見てもバレバレです本当にありg(ry 静の人気に「あやか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『9S Ⅸ』感想

葉山透:作   山本ヤマト:絵 ついにADEM&海星編完結です。 黒川が真に何を思ってやろうとしてたのか、はっきりしたことは明かされませんでしたが。 海星の動きの一部がADEMに受け継がれるか。 そして10年前、比良見で何が起こったのか。 その時と同じ――由宇が三万人を見殺しにしたという現象――ことを引き起こす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『零崎曲識の人間人間』感想

西尾維新:作 まず、一言。 トキにマジ惚れた。 駄目・・・!このシリーズにおける男性部門トップを見事かっさらっていったよ曲識さん・・・・・・!! 戯言シリーズでちらちら人識から小出しはされてたけどさぁ。 ベジタリアンで音楽家で、かつ軋識の時にも出たけどさぁ。 予想外です。良い意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『キノの旅 -the Beautiful World- XI』感想

時雨沢恵一:作    黒星紅白:絵 そういえば電撃hpでキノの話を読んだ。 ・・・・・・いずれ単行本に収録されるかな? つまり変なことに固執してはいけないという事だった。 この腕で人を殴り この腕で人を抱く ―Farewell to Arms?― 口絵「子供の国」―Burn Up― …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『9S memories』感想

葉山透:作   山本ヤマト:絵 シリアスな短編集。 本編に近い感じの。「ないんえす??」とは違います。全然。 ・・・うん、全然。 それぞれの出逢い編。 最後の話におったまげたよ。 『夏の日の空になりたい』 幼い由宇と、まだ新米の八代、岸田博士。 とりあえず八代は今よりもヘタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『9S Ⅷ』感想

葉山透:作   山本ヤマト:絵 何ですかこの破壊力は。 主に燃えてました。 が、挿絵パラパラめくってて絶句。 ・・・・・・どれで絶句したのかは、わかるでしょ? カラーページ。 舞風ですよー。かわいいですよー。瞳とか。 八代っちがかなりヤバそうなんですが。 その様子は本編にて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『9S Ⅶ』感想

葉山透:作   山本ヤマト:絵 前半パートは由宇救出。 後半パートはNCT攻防戦。 というか前半からぱたりと由宇と闘真の出番が消えました。最後まで。 えぇ―――!?^^; まず単身フリーダムに乗り込んだ闘真。 鳴神尊がさらに進化してるような。安心しつつはらはらしてましたよ。 アスモデウスに対して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『9S?(ないんえす?)SS』感想

葉山透:作   山本ヤマト:絵 この本が私が一番最初に購入した『9S』です。これが・・・・・・。 今まで?全て借りてました。ここから買い始めた。 ・・・・・ここから(泣) 表紙から飛ばしてくれます。なんだろうこのヒロイン2人。 しかもどうして由宇が制服なのか。 その答えは読めばわかりました・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『9S<ナインエス> Ⅵ』感想

葉山透:作    山本ヤマト:絵 今現在唯一所持してない9S。 だってないんだもの・・・・・・(泣) 比良見特別研究所跡地(?)にてなんとか脱出しようと試みる闘真と風間。 手立てが全く見つかりません。酸素の量が減っていきます。 急にLAFIサードがシステムダウン。 とそこについに現れた峰島勇次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『9S<ナインエス> Ⅴ』感想

葉山透:作    山本ヤマト:絵 各々のキャラが見せ場を作り未だに続くADEM編です。 【天国の門】編の事が尾を引いているのか、ADEMは解体の危機に瀕します。 こういうのあまり・・・・・・いやちらっとはあったけど・・・・・・。 老人共のエゴ丸出し。あと新キャラの黒川。 ・・・・・・殴っていい?(待て) 特に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『9S<ナインエス> Ⅳ』感想

葉山透:作    山本ヤマト:絵 【天国の門】編後編。 操られた闘真は由宇にすら気を止める事無くただ淡々と殺していく。 あぁ・・・・・・マジシャンに時がたつにつれて殺意が・・・・・!!(メラメラ) しかしこうなった時の闘真は由宇に簡単にとめられるんですな。 第二の手駒であるドラゴン。遺産のナイトメアを使った物で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『9S<ナインエス> Ⅲ』感想

葉山透:作    山本ヤマト:絵 【天国の門】編、前編です。 都市<希望>の地下に眠っているSランクの遺産、それが【天国の門】 しかしそれは犬猿の存在である真目家の管理下にあった。 果たしてその遺産は一体なんなのか。 そしてLAFIから逃走した変異体も都市<希望>へ向かう。 リニア暴走。LCアドバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『9S<ナインエス> Ⅱ』感想

葉山透:作    山本ヤマト:絵 孤石島にて、レプトネーター編。 まだこの時は1体だけだったのに・・・・・・; というか1体だけでも脅威でしたね。 環境が環境という事もありますが。 感傷に浸ったりヴァイオリンを弾いたりと、スフィアラボでの一件以来変わった由宇。 一方の闘真も何か変わってます。 あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『9S<ナインエス>』感想

葉山透:作    山本ヤマト:絵 やーっとこの作品の感想でございます。 うんまぁ最新刊も発売されましたし?ちょいと今のうちにやっとこうかと。 一部だけでもね。 まずこの第一巻はスフィアラボ編です。 闘真と由宇の邂逅。峰島勇次郎の『遺産』。ADEMにNCT研究所に・・・・・うわぁ懐かしい。 この頃は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『学園キノ 2』感想

時雨沢恵一:作    黒星紅白:絵 最初に言っておく・・・・・・。(ゼロノス風に) はっちゃけ具合が前作の比じゃねぇ。 疑うんなら立読みしてしかとその目で確かめよ・・・・・・!! ああ、はっちゃけてるさ。はっちゃけてるともさ。 時雨沢だけでなく黒星さんまでな。 (一番如実にあらわし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しぐざわのばかー!

寧ろ、時雨沢・・・・・・貴方って人は!! はい、電撃文庫公式HPにて来月刊行の本が発表されました。 葉山さんのHPで『9S』の新刊が出るという事は既に知っていましたが。 というかようやくですかー。葉山さん健康になりましたかー。 かーなーり待った記憶があります。 さて、買うか。こちらは迷いなく。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『零崎軋識の人間ノック』感想

西尾維新:作 西尾は今回も色々やらかしてくれました。 全体的にきっしーがヘタレに見えるのは何でだろう。 おかしいな。ちゃんと活躍もしてるのに! 双識さんのあまりの変態さと人識くんのセンスと曲識さんの意外なかっこよさのせいでかすんで見えます。 それどころか、てる子さんと潤さんの相手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノックは何処じゃ―――!!

きっしーは何処じゃ―――!!(落ち着け) えー、西尾維新の『零崎軋識の人間ノック』が本日発売されました。 講談社の公式サイトにも行き、確かめたので発売された事は間違いないのです、が・・・・・。 何処!? み、見当たらない! 余りに姿がないから「もしや間違えた情報流したので…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『キノの旅 -the Beautiful World- X』感想

時雨沢恵一:作    黒星紅白:絵 さてさて、10月10日に10巻が発売されました。 10ばっか。そして銃も(笑えない) 利益は正義を作り 正義は利益を生む ―How Much is Your Justice?― 口絵「ペットの国」―apPETite― 口絵「ティーの願い」―Get R…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『キノの旅 -the Beautiful World-』Ⅶ~Ⅸ感想

時雨沢恵一:作     黒星紅白:絵 昨日この記事書いてたら最後の最後でフリーズしやがりましたドチクショウ。 ふてくされて昨日は書かなかったということです。 7巻 生きていると 悲しい 生きていることは 悲しくない -I am alive.- プロローグ 「何かをするために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『キノの旅 -the Beautiful World-』Ⅳ~Ⅵ感想

時雨沢恵一:作    黒星紅白:絵 実は最初に読んだ電撃文庫の小説って、このシリーズだったり。 4巻 “この場所を知らず 夢の地を目指し 夢の地に着いて この場所を知らず” ―Wherever I go, there I am.― プロローグ 「紅い海の真ん中で・b」―Bloo…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『キノの旅 -the Beatiful World-』I~Ⅲ感想

時雨沢恵一:作     黒星紅白:絵 後書の感想は大体省きますよ(笑) いっそ、いつかまとめてやってやろうか(笑) 1巻 世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい。 ―The world is not beautiful; therefore it is.― プロローグ 「森の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『学園キノ』感想

時雨沢恵一:作 時雨沢はやっぱりバカだ―――!!(絶叫) そう、「バカだー!!」と何回叫んだ事かもわかりません。 それぐらいアホな本です。 確かにこれは「キノの旅」なんかじゃない。 でもこんなノリも好きですよ。僕は。 とことんパラレルです。 もう二次創作も真っ青なくら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『零崎双識の人間試験』感想

西尾維新:作 戯言シリーズの裏話。 ・・・・・・ですが、人間シリーズになってます。あれ? 殺し名第三位、零崎を中心とするストーリー。 舞織ちゃんの零崎加入の話です。 双識さんはボケ役です。いや、強いですけど! あとは早蕨三兄弟。でも弓矢ちゃん出る事無く既に死んどるー! くぅ、しかし武器が日本刀・薙刀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ネコソギラジカル』感想

西尾維新:作 “十三階段” “赤き征裁VS.橙なる種” “青色サヴァンと戯言遣い” 赤、橙、青 戯言シリーズ完結作 上中下とかなり長くなっております。 まず上巻では十三階段の紹介。 でも真姫さん、結構いい味出してたのに・・・・・・。 中巻で真心登場。 萌太―ッ!!出雲ーッ! リタイア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ヒトクイマジカル』感想

西尾維新:作 “殺戮奇術の匂宮兄妹” ついに人類最悪:西東天登場。 狐さーん!(笑) 前半はかなりアップテンポ。 というかはっちゃけモード全開。特に春日さん。 いーちゃんがノリツッコミを会得しました。 後半からもまた違った意味でアップテンポ。 ギャグとは言えないが。 結構死んでるし。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『サイコロジカル』感想

西尾維新:作 “兎吊木垓輔の戯言殺し” “曳かれ者の小唄” 上下巻です。 クビから離れました。ようやく。 上が事件編、下が解決編。 まぁそんな所です。 しかし解決されてねーだろ、という事ができますが(爆) 仲間《チーム》の連中が出てきます。全員出てくる事はありませんが。最後まで。 珍しく男性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『クビツリハイスクール』感想

西尾維新:作 “戯言遣いの弟子” 私立澄百合学園(別名:首吊高校)に潜入したいーちゃんと潤さん。 紫木一姫を救い出すのが目的。 女子校です。 やっぱり女の子ばっかりです。 姫ちゃん結構いいキャラです。 子荻ちゃんも玉藻ちゃんもよかったのですが・・・・・・うーむ惜しい。 かなり短いです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『クビシメロマンチスト』感想

西尾維新:作    take:絵 “人間失格・零崎人識” いーちゃんの戯言、本領発揮の回。 というか一番輝いてます。いーちゃんの戯言が。 クビキリ同様、とことん精神を抉ってきます。 軽いノリで。 人識初登場。 可愛げのある貴重な男キャラです。 いやマジで少ない。 いつくたばるか冷や冷やで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『クビキリサイクル』感想

西尾維新:作  竹:絵 “青色サヴァンと戯言遣い” 絶海の孤島『鴉の濡れ羽島』での殺人事件。 天才女性(ってか女性ばっか・・・!)達が集められた場所で青色サヴァン:友の付き添いのいーちゃんは阻止できるのか!? 結論から言えば、できない。 というか、読者への回答として、と言った方が正しい。 まだ1作目なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more