あやしうこそものぐるほしけれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『俺、誕生!』後半

<<   作成日時 : 2007/08/16 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最初から最後までネタバレ記事(クライマックス)いきまっせー。





前半はこっち。



警告!
序文にもある通りネタバレしまくりです。

















夜。屋根の上で良太郎と小太郎とモモ。
「この体も名前も全部お前が考えたんだぞ!!」(おぼろげながらニュアンスはこれ)
叫ぶモモがもう・・・もう・・・・・・!!
すげぇ必死で悲痛で!!半分いたたまれなかった・・・・・・。
高岩さんも関さんもすげーよ。
それでも思い出せない良太郎に何も言えなくて立ち去る姿。


・・・・・・わんこにしか見えなかった(台無しパート2)





だって!!だって!!さみしそうな背中が捨てられたわんこに!!(またかよ)
内心でわんこを連呼してました。いやぁ危ない所だった。
嘘だと思うんなら見てよ!!あ、もう見た人も多いか・・・。





その後の二人の良太郎の会話にすげぇしんみり。
そうか・・・電王の事だけ忘れたからそれ以外の思い出は残ってるんだよね。
言葉選んでそれで勇気付けようとしてる。
もうこれは実物見た方が早いと思います。演技とか。



その見えない所で待機してるモモとかな。
どんな気持ちなんだろう。全然分からないけど。
ハナさんに呼ばれて二人だけでデンライナーを取り戻そうとするモモ。
良太郎と小太郎の身を案ずる二人はまさに姉と兄。
けれどお約束にも、後ろに立って聞いていた二人。


小太郎、この時の方が勇敢じゃないか?(笑)
なんだか頼もしい。
良太郎も良太郎なりに頑張ろうとしてる。思い出そうと。
その様子が嬉しいモモ。「良太郎に戻ってきたぁ〜!」
小太郎には「やっぱり良太郎の子だな!!」
・・・・・・いや、それはニュアンスが・・・・・・・ww
子供じゃなくって過去の良太郎本人だからその子・・・・・・ww
あー、吹いた。








潜入方法が面白いです。
ハ、ハナさんの姫姿!というか千姫これだけですかw
あと着物をばさっと脱ぎ捨てるハナさんはとても漢前でした。惚れる。
入ってきたモモに「鬼だ――――!!」
・・・・・・言いえて妙!!というか正解!!(笑)
あー、モモ絡みで笑うところ多いなぁ。


ライダーパスを小太郎に預けて(何かあれば変身して、と)進む良太郎。
ところでモモ、何か剣のようなもの持ってませんでした?途中で捨てたけど。





デンライナー。騒ぎに気付いた様子。
キンちゃんが透明の檻を割って出ようとしますが感電。しかし頑張る!
そこにオーナーが何かを投げて一撃で粉砕



唖然 呆然




そんな事が出来るんならもっと早くやってくださいオーナー!!




とても、こわかった。
オーナーが最強でいいんじゃねぇの。というか最強ですよね。
ところであの投げたやつはなんでしょうか。
個人的には食事の時に立てている旗希望。
あれがキンちゃんも苦戦した檻を粉みじんに破壊したかと思うとオーナーがより凄いから。
貫禄がちげーよ。全員絶句だよ。





その後乱戦。
良太郎がピンチになるたび現れる仲間。
キンちゃん斧持ってる!!ああ、違和感ない!!
リュウタは・・・あの、それ、ランチャーに見えるんですけど。
「全然面白いの見せてくれない!!」
そうか。だからもうキレたか。

その次にモモが写ったので「お、ここにウラがくるのか!?」と楽しみにしてたら案の定!!
背中あわせで共闘っていいですよね。いつか電王とゼロノスやってくれないか。
そんな戯言は海に流して(磯臭い!)
憎まれ口を叩き合う二人が好きです。
「遅ぇよ!」「来たんだから感謝して欲しいね」
ところでウラが持ってる武器がどうしても竿から離れてるような。
というかその端っこの部分何・・・・・・?





あちこちでタロウズが戦ってるのは本編でもチラ見した通り。
その間をくぐる良太郎は何気にすごいと思った。
牙王の部下のイマジン達が来て良太郎―――!!となったけど。

そこに現れたジーク!こいつ今まで何処ほっつき飛んでたんだ。
パスを受け取って良太郎に憑依!
手を放させた台詞がかっこいい!流石王子!!(笑)
「その汚い手を放せと言っている!」
うん!そうだね!!(お前)



変身の時の音楽に泣きそうになった。24話思い出して。
他のフォームと全然違う・・・・・・!!鳥肌たつ・・・・・・!!
素体からして違うもんね。金。
歩き方が既に気品が。余裕そうに攻撃をかわす。
もうウィングフォームすげーよ。武器の使い方とかフルチャージからの攻撃とか。
安心して見てられますな!!


ところで変身した時のモモの「なんであいつは憑依できんだよ!?」
→「教養の差だ」(ジーク)→「なんだそりゃあ!?」→「ようするにセンパイはバカって事v」
この流れが素敵だと思いました。笑いの。
まぁウラったらわかりやすく言ってくれてありがとう!!(コラ)
そうか、教養の差だったんだね!!(お前も納得するな)




「恩を返すため」に良太郎に協力したジーク。
恩って24話の事だよね・・・・・・!!そりゃああれはデカイよ・・・・・・!!
そのためだけに、わざわざ来たと。
「それにしては態度デカいよね」うん、その通りだね(笑)
ここで「借り」と言わず「恩」というのが教養を感じました。
素直だよねー。











忍者達はいつの間にか倒されてました。
あれ・・・一気に減ったぞ・・・・・・。
一安心か?と思った矢先にウィングフォームに背後から不意打ちが!!(by牙王)

う、うわ――――!!
やりやがった背後から不意打ち!!
全く油断は禁物だぜ!!(ゴクリ)
変身解除で良太郎とジークが心配になりますオロオロ。


人質に取られる良太郎とかほんと・・・・・!!
緊張のシーンですね!全く動けないイマジン達。あんたらもう・・・!!
まさか主人公にライダーチケットが翳されるとは。
1988年12月26日。年号的と二人の良太郎の反応から1つしか出てきませんが。

あと爆破シーンで一瞬、デンライナーが爆破されたかと思いました
違った。山切り崩しただけだった。
神の路線ってかーなーり前に作られたんですね。
・・・いや、時の列車自体が古代からあったのか?
あの祭壇は一体なんなのか。そしてなんていってるのか。
ようやくガオウライナー(神の列車)お目見えです。


手始めに消すのは上にあげた1988年12月26日。
ライナーに良太郎を人質に取ったままそこへ向かう牙王達。
発車寸前にモモがガオウライナーの最後尾のデッキにしがみ付きます。
超特急で発車。
「うおおぉぉぉぉぉぉ〜〜〜〜!!!」
必死でしがみ付く!
良太郎の助けるためならたとえ火の中水の中超速の列車のデッキ!!

「センパイいくらなんでも死んじゃうって!!」
無茶レベルはこんくらいです。うん、的確にあらわしてる。






デンライナーで弱ったジークを支えるキンちゃんは漢前でした。
いーこいーこをしようとしてバシッとはたかれるリュウタとか。
小太郎から先程の月日が良太郎の誕生日だと言う事が発覚。

オーナーが言うにはたとえ特異点であっても神の列車にかかれば消滅する恐れがあるとのこと。
え、かなりやばいというか・・・・・・!
過去の一日でも消してしまえばそれから先の未来も一緒に消えるんだ・・・。
改めてイマジンの大半の狙いの恐ろしさが。
ていうか今更だね・・・・・・。












1988年12月26日

神の列車が通ると一気に廃墟になっていくのがいまいちよくわかりません。
だってほとんど本編説明ないんだもの・・・・・・フィーリングでいくしか。

乱暴に投げ捨てられる良太郎。
それと、モモもぐったりしてました。うん、あそこまで必死にしがみ付いてたもんね。
よくここまでこれたなモモ・・・・・・!!


「そこで見ておくんだな」となんともいえぬダンディーさ(オイ)で言い放つ牙王。
良太郎の様子がおかしい・・・・・・?と思ったら。

「何で忘れていたんだろう、もう1人の自分を」
もうここのシーン最高やで・・・・・・・!台詞とか!良太郎カッコイイ!!
眼光が違うもん。射抜かれる!!というか射抜かれた!!
あれは決意の目だよ!
もうほんと惚れる。カッコイイ・・・・・・!!

「モモタロス、モモタロス!」
この呼ぶシーンも好きやねん。
やっと思い出した良太郎に対するモモの喜びとか。
「準備運動だぁ〜〜!!」って上空で飛び回るモモに笑顔。
「ほどほどにね」って言う良太郎に笑顔。
もうこいつらの絆特別なんだなぁ。


「悪いけど時間は消させない」のあの台詞。
静かに宣戦布告。
あとうっすら笑みが見えるのは気のせいですかそうですか。
眼がいいと思います。






しかし相手は牙王1人だけでなく、他にもイマジンは残り3体!
全力で変身を阻止しようとします。
ちょw変身シーンを妨害だなんてw
モモ・・・ありだとは思うけどね・・・・・・(笑)
いやぁ口上もぶった切る電王だからありえるんだなぁこれが♪

そこに現れたゼロノス!
・・・一瞬そのバイクでイマジン蹴散らすのかと思いました。
良太郎を守るようにするさばきかた。
いやぁ惚れるかと思った。

「侑斗!」「戻ったんだな」
あれ、侑斗の口調が優しい!何デレモード!?(ぇ
いやそれとも良太郎が冷たくないからか!?(ぇ
それと「助っ人連れてきたぜ」が・・・・・・!!




わー、わかってたけど!!わかってたけど目の当たりにすると・・・・・・!!
足が見えた瞬間胸高鳴った!
ウラキンリュウの憑依版勢揃いですよ・・・・・・!!
しかもそれぞれの好みの服装で。


こういう時に簡単に説明するのはウラの役割。
わーわー、揃ってる・・・・・・!!
ところでどのタイミングでイマジンを連れたんだ侑斗よ。
かなりギリギリだよな・・・・・確かに時間ない。
下準備とか色々あったんだろうね、侑斗。







3種類の憑依良太郎が揃い踏み。
改めてこれが現実になるとは思いませんでした。これで最後だろうなぁ。
それぞれの「変身」を食い入るように見てました。
ウラは言った後の仕草とか。
キンは正統派でカッコいいとか。
リュウは楽しそうな表情とか。
うん、それぞれの個性が見えるv
佐藤君超すげー。


同時に変身。その後モモに急かされて良太郎も!
あー・・・・・・かっこいい・・・・・・・。

全員揃ってクライマックス!それぞれGO!!
ソードフォームが勿論ガオウですよ。相手。


ゼロノスの方もベガフォームに!
「最初に言っておく!俺は・・・・・・」「バカ、電車に向かって〜」
・・・・・・ww
思わず笑ったよ!なんでデネブ・・・・・・!!
あと侑斗のツッコミに苦笑という優しさが見れた。







こっから画面が動く動く動く!
ガオウライナーにあの攻撃効いてるんだろうか。
誰か映して、切り替わる前に次のフォームを遠目に映す。
カメラワークもすげー。
高岩さんとてもすげー。
一気に見れるとは・・・・・・!!燃えたぜ。
やっぱりバトルシーンはいいですよね。

ロッド・アックス・ガン・ベガのフルチャージ!!
当たる前、命中!とそれぞれ映してくれました。このタメが好きだ。
3体のイマジンは撃破!あれライナーまだ残ってるがな。
やっぱり列車は違うんだね。




「外さないねぇ、キンちゃんv」
・・・リュウには?
というかここで外したらギャグ狙ってるとしか思えないよ。
1人ぶっ飛ばされるソードフォーム。うわ!



5人揃い踏み。それでも圧倒的な差!
ちょ、強すぎる!!
駄々こねるなリュウ。

「終わりじゃない、死だ」
この台詞マジでやばいと思った・・・・・・!!アカンよ逃げて・・・・・・!!
てか射程範囲広っ!一気に薙ぎ倒しおった!!
マジで駄目かと思った・・・・・・。

倒れてる皆見てらんない・・・・・・。
もうこれ確かに体中あちこち痛くなるわ・・・・・・!!(本編か)
1人「モモタロス!」と呼びかける良太郎。諦めない。
減らず口を叩くモモ・・・・・・。
ああもうこいつら絆強すぎるよ!


ああっ!またやられた!!;
強すぎるよなんだよもう牙王。
あ、ガオウライナーに乗り込んだ!!
負けじとソードも乗り込みます。
気付くとゼロノスも乗り込んでました。いつの間に。


っつーかガオウライナーはえー、つえー。
2つがかりでやります。
「連結だ!」「おう!!」

デネブ、合体って言うのかと思った>ゲキレン
だって合体してロボになってもおかしくねーぜあの列車。










連結。
前にゼロライナー2両車、後ろにイカヅチ〜ゴウカまで全部繋がる。
繋げりゃいいってもんじゃねぇぇぇぇぇ!!;(爆笑)
もうこれ見てられなかった。直視できなかった。笑いで。
さて、こんな時にあの名台詞を使いましょうか!

 「 も う 電 車 じ ゃ な い よ ね 、 あ れ 」




真っ向からぶつかり合うガオウライナーとゼロ+デン。
大口開けてたガオウライナーにドリルがつっこむ形で木っ端微塵。
・・・・・・そんな、無防備に大きなお口あけるからだよ。
もう燃えていいのか笑っていいのかわかんなかった。









まだ生きている牙王。すげぇ・・・・・・・。
「時の流れなんてクソくらえ!」的な態度。何でなのかは渡辺さんが言ってました。
本編では全くわからんのだがな。

フルチャージ2連続ってありなのかモモ!
「いくぜ・・・俺の必殺技特別編!!」
どの辺が特別?フルチャージ2連続?
1回防がれて「駄目か!?」と思ったら・・・・・・
「言ったろ・・・?特別編だってなぁ!!」
まさかの2発目!!かっこいいぞモモ!!クライマックス!!
牙王は砂になって消えていきました・・・・・・・なんでだろう・・・・・・・。






と、いきなり復活する1988年12月26日。
良太郎が(いや観客もなんだけど)戸惑っていると侑斗が説明してくれました。
「全部消える前でよかったな」「1人でも覚えていれば復活する」「時間は記憶なんだ」
・・・・・・こ、ここで伏線ですか!?
あとここにハナさんがいない・・・・・・彼女が属していた時間も?
侑斗ってほんとどこまで知ってるんだろうなぁ。
改めて謎の少年なんだと思った。
あと表情めっちゃ柔らかい。かわいい(オイ)









小太郎をもとの時間に帰す。
その前に両親の写真をなくす前に連れてってほしいと頼むハナさん・・・・・・。
「いいよ」って言う二人の良太郎。
ちょうど、窓の外では雪が降ってました。
窓の外を見ると・・・・・・




う、うわわぁぁぁん!!
ちょうど野上家の前!!
良太郎のお父さんとお母さん!!出るとは思わなかった・・・・・・!!
ずっと謎のままかと思ってた!!
オーナー!!オーナー有難う!!粋な計らい有難う!!
ずっと見つめてる二人の良太郎。
ああもう感動したよ・・・・・・!!

ところで良太郎と愛理さんの天然は遺伝なんだと実感。
いやあの「電車」って明らかに不自然ですからそれ。なんで違和感もたんのですか。
もたれても困るけど。
その電車に未来の良太郎が乗ってるんだよ・・・・・・!!








ED。降りていくジーク、次へ進める顔の小太郎。
ミルクディッパーに「ただいま」と帰る良太郎。
そこの写真立てにあったのは、絵。
・・・・・・これくらいの変化は大丈夫なのかな。
あれ描いたの、きっと







いやー、見れて良かった!!長いな感想!!
やっぱ映画見に行ってよかったと思います。
その後ダブアク買おうとしたのですが探し方が悪かったらしく。
カラオケしてました。1人で。




行ける人は行った方がいいなぁ、やっぱり。
モモなつも見所ありますしね。笑えるから。
佐藤君1人6役すげー、高岩さんもすげー。
あとオーナーの活躍にもご注目。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『俺、誕生!』後半 あやしうこそものぐるほしけれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる